【対策のコツ】IELTSリスニング– BELS Malta

Alert Megaphone

【対策のコツ】IELTSリスニング

IELTSリスニング試験で高得点を狙うために

IELTSの試験は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのセクションに分かれています。それぞれのセクションでは、注意すべき点が異なります。.

多くの受験生にとって、リスニング試験等の、コミュニケーションセクションは最も難しい部分となっています。そこで、IELTSの先生方に、IELTSリスニングのアドバイスのリストを作成していただきました。ここでは、アドバイス10選をご紹介します。

1. IELTSリスニングの指示に注意を払う

IELTSのリスニングセクションは、タスクごとに指示が分かれています。よく「3語以上書かない」などの指示を見かけると思います。これらに注意し、注意深く指示に従いましょう。IELTSリスニングのタスクで指示が守られていない場合、点数が下がってしまいます。

2. イギリス英語に慣れる

IELTSのリスニングテープの大部分は、イギリスのアクセントを使用しています。たまにオーストラリアやカナダのアクセントもありますが、大半はイギリス訛りです。これらに慣れるために、BBCを定期的に聞くのもよいでしょう。lorry (uk) – truck (us)のような英国式の単語を覚えておくと、IELTSのリスニング試験で役立ちます。

3. スペルカウント

IELTSのリスニングテストは、リスニングだけでなく、ライティングやリーディングなど他のスキルも必要とされます。ライティングの場合、スペルミスがあると不正解になるので注意が必要です。スペルをしっかり覚えておきましょう。

IELTSのリスニングテストでは、名前や苗字のような単語をスペルアウトすることがあります。Allison」は「A, double l, i, s, o n」と表記されます。

4. 複数形と単数形

複数形と単数形のどっちに当てはまるのか、よく音源を聞くようにしましょう。単数形(cat)で答えなければならない問題で、複数形(Cats)を書いてしまうと、不正解になります。

5.IELTSリスニングの模擬試験を受ける

模擬試験を行うことで、IELTSのリスニング試験で使用される構成や言語に慣れることができます。最初は点数が伸びなくても、できる限りたくさん練習してください。IELTS対策本には、IELTSのリスニングテストが収録されたCDが付属しています。

6. 解答を予想する

IELTSのリスニング試験では、文の補完や穴埋めの問題がよく出題されます。これらの文章は通常、簡単に予想することができます。答えを予想することで、正解の確率が上がります。

例えば、「The woman will travel on ___________」という文章があった場合、論理的な答え(電車、飛行機、バス、船)を予測することは簡単です。鉛筆で予想を書いておけば、テープが再生されたときに、何に注目すればいいのかがわかるでしょう。時間の節約にもなります。

これはIELTSのリスニングの穴埋めのタスクでもできます。もし、’He has three ________’ のような文章があったら、答えを予測するのは簡単ではありません。しかし、名詞、動詞、形容詞のどれが適切かを予測することはできます。準備をしておくと、簡単に単語を見分けることができます。

7. 変化を意識する

リスニング試験でよくあるのが、答えを言った後に変更することです。電話番号を言ってから、それを訂正することもあります。なので、最後まで気をつけて聞きましょう。

8. 数字

大きな数字の集まりを順番に聞くことに慣れる。13と30、15と50など、似たような音に聞こえることが多いので、特にIELTSのリスニング試験でストレスを感じているときは、その違いに耳を傾けてみてください。

9. リスニング力アップ、コミュニケーション力アップ

試験対策とは別に、オールラウンドなリスニング力を高めることが不可欠です。リスニングとスピーキングは密接に関係しており、どちらか一方が欠けても上達しません。コミュニケーション能力を高めるには、様々な文脈で英語を話す時間が必要です。また、英語学校のグループコースに参加したり、英語圏の国々を旅行したりするのも効果的です。

10. コースに参加する

独学も重要ですが、IELTSは非常に専門的でアカデミックな試験ですので、専門家の意見を聞くことも大切です。個別指導であれば、自分のレベルを把握し、最終的な目標に到達するための学習プランの作成までサポートを得られます。また、あなたの勉強を評価し、建設的なフィードバックをくれる人も必要です。そうでなければ、あるバンドから別のバンドへ進歩することは難しいかもしれません。

IELTS準備コースの詳細については、 [email protected] までお問い合わせください。

見積りを取る