【旅のしおり】マルタ旅行で知っておくべき10のこと- BELS Malta

View current offers!

マルタの観光情報をお探しですか?

地元民だからこそ知っている旅のヒントがここにあります。

マルタの島々、人々、物事の仕組みなど、基本的な観光情報を記載しています。マルタに長期滞在する学生にとっては、さらに重要な情報となるでしょう。現地の生活に適応するために大切な重要な観光情報は、宿泊施設や交通機関などの実用的な情報とも言えます。新しい環境をよりリラックスして楽しむためにこの記事を一緒に学びましょう!

BELSマルタ校またはゴゾ校で英語を学ぶ学生は、宿泊施設、交通機関、地図、イベント、マルタの楽しみ方など、必要な情報をすぐに得ることができます。さらに詳しい情報は、マルタ島内に点在するマルタ観光案内所でも得ることができます。しかし、ここでは、マルタに旅行するすべての人が知っておくべき、重要なマルタの観光情報をお伝えします。

1. 荷造りについて

これは旅行者なら誰でも抱く疑問ですが、観光案内所では教えてくれません!マルタの服装を決めるなら、防寒着を買いすぎず、1月でも必ずTシャツを入れていきましょう。重たいジャケットは家に置いてきて、暖かいときに脱いで、寒くなったら着るというように、重ね着をするのがベストです。暑い夏は、夜、海辺にいるときだけ薄手の長袖が必要になります。マルタの気候は穏やかで、憂鬱な季節は短いので、それを踏まえて準備をしましょう。

2. 辞書は必要ありません

旅行先でメニューが読めなかったり、道を尋ねられたりするのって嫌じゃないですか?言葉の壁があるときに自分の繰り出せるカードを増やすために、英語を勉強している人もいるかもしれませんね。マルタは英語が国語で、ほとんどの人が英語を話し、どんな情報も英語で得られるので、旅行がしやすい環境です。マルタで英語を学ぶと、完全な英語漬けとなり、怠け者の気分の時には、イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語で地元の人とおしゃべりを楽しむこともできます。

3. マルタ語

マルタ語を初めて聞く人にとって、普通の日常会話であっても、現地の人がマルタ語で喧嘩をしているように聞こえるかもしれません。しかし、マルタ語の性質的なものでただ楽しく会話をしていることがほとんどです。

4. マルタのマナー

感情表現に保守的な国から来た人は、マルタの表現方法に慣れる必要があるかもしれません。マルタ人は恋にも何にも情熱的な地中海人です。大きな声で話し、身振り手振りを交え、感情を生き生きと表現し、燃え上がるとすぐに鎮まりますが、それがこの地域の常識なのです。

5. マルタのホスピタリティ

どの国でもそうですが、観光客相手の客引きや、観光地では外国人に高額な料金を請求する悪質な店員に出会う可能性があります。しかし、一般的にマルタ人は温厚で歓迎されます。観光客にゆっくり過ごしてもらいたいと思ったり、困った状況から助けるために、わざわざ出かけていく現地人もいるのです。マルタが外国に占領され、影響を受けてきた長い歴史を考えると、ほとんどのマルタ人が観光客が島にもたらす国際的な感覚を楽しんでいるとも言えます。地元の人に会ってみると、きっと第一印象以上に、この国の心や魂を知ることができるでしょう。もしもっと観光情報が必要なら、マルタにいるときに地元の人に話しかければ、きっと助けてくれるはずです。

6. 左側通行

レンタカーで観光する場合は、イギリスやオーストラリア、日本と同じように左側通行の数少ない国の一つであることを念頭に置いてください。少し難しく感じるかもしれませんが、距離は短く、すぐに目的地に着けるので、気を落とさないでください。覚えておくべきことは、ロータリーを時計回りに回ることです。道に迷った観光客が間違った方向に運転することほど、道路を混乱させるものはありません

7. ウインカーやハザードランプについて知っておくべきこと

ほとんどのマルタ人は、なぜ車にウインカーがあるのか、それを使わないか、間違った使い方をしているのか、まだ分かっていないようです。また、ハザードランプは、停車禁止区域で一時停止して、店から必要なものを取りに行くために使用するものだと思っています(二重黄色線と二重駐車を含む)。残念なことですが、今でも起きています。運転をする際には、他の車に注意してください!

8. 水着を身につける

マルタの人々には、とてもオープンマインドな人もいれば、とても保守的な人もいます。居心地の良いビーチと透き通った海は、水泳、シュノーケリング、ダイビング、ウォータースポーツ、ボート、クルーズ、釣りなど多くの楽しみを提供してくれますが、全裸での入水は違法なので、水着を着用しておくことをお勧めします。また、ビーチウェアはビーチで着るものであることをお忘れなく。地元の人々は、女性がビキニで通りを歩くことを良しとしませんし、男性がシャツを着ずに運転すると罰金を科されることもあります。

9. あなたを食べようとする動物はいません

例えば、オーストラリアを訪れると、危険な動物が多く突然、食物連鎖の最下層に落ちてしまいます。しかし、マルタでは陸も海も危険な生物から守られています。とはいえ、クラゲやヒアリクイなど、近づきすぎると刺されたり噛まれたり痛い思いをするものはいますが、ヘビやクモに毒はありません。また、特別な予防接種も必要ありません。

10. 退屈な時間は家に置いていこう

小さな島だから娯楽が少ないと思っている方、その考えは捨ててください。アルフレスコダイニング、シアター、バー、クラブ、遺跡、歴史都市、博物館、テーマアトラクション、アドベンチャースポーツ、ビーチアクティビティ、文化イベントなど、マルタはやること満載で、どんな休日の気分でもあなたの興味を惹きつけ、楽しませてくれるでしょう。マルタでの様々な楽しみ方に好奇心をもって、最高の学習休暇を過ごせるよう、私たちにお手伝いさせてください。
マルタの英語コースや観光情報は、[email protected]までお問い合わせください。