ギャップイヤーの目標 :マルタで英語を勉強し、ヨーロッパを旅行する

View current offers!

マルタで英語を学びながら、ヨーロッパを探検する

BELSでは、大学入学前やフルタイムの仕事に就く前のギャップイヤーとして、多くの学生がマルタで英語を学んでいます。

もし、ギャップイヤーが自分の将来にとって正しい道かどうか考えているのなら、海外で1年間過ごすことが自分の人生にどのようなプラスの影響を与えるか考えてみてください。ギャップイヤーを取ることで、自分にとって本当に大切なもの、自分の価値観、人生の進むべき方向性を発見することができます。 また、この期間は、どのようなものであれ、自分の人生の目標に到達するためのスキルを身につけるための時間でもあるのです。

ギャップイヤーを取る理由として、世界を旅するため、キャリアアップのためというのがよく言われることです。 もしあなたがこのようなことを望んでいるなら、マルタで英語を学ぶためにギャップイヤーを取ることを検討してみてはいかがでしょうか。 以下は、それがあなたの将来に役立つかもしれないいくつかの理由です。

1. 柔軟性と自己啓発

ギャップイヤーの最適な時期は、大学入学直前、または卒業直後です。これまでとは異なる有意義な方法で教育を続けるには最適な(そしておそらく唯一の)時期なのです。正社員として就職し、生活が落ち着いてくると、退職は難しくなります。特に、子供や家族のことを考えるなら、なおさらです。

ギャップイヤーはどのように役立つのでしょうか?ゆっくりと、自分が人生で本当にやりたいことを考える時間を持つことができます。世界を体験し、新しい可能性や異なる生き方を発見することができます。新しい人と出会い、これらの経験をもとに個人として成長することができます。

2. 英語は(ほぼ)世界共通語

大学入学や就職の前にギャップイヤーを取ることで、語学のような新しいスキルを身につけることができるかもしれません。なぜ英語なのか?英語は53カ国の公用語であり、世界で約4億人が第一言語として話しています。英語ができれば、旅はもっと楽しく、もっと簡単になります。53カ国を簡単に旅行できるようになり、新しい友達もたくさんできるかもしれません。

3. 履歴書の向上

海外生活の経験があることは、いずれも履歴書の資産とみなされます。ジェネラル英語コースやビジネス英語コースも同時に受講すれば、さらにプラスになるでしょう。また、面接トレーニングや英語での履歴書の書き方を中心としたレッスンも行っています。各コース終了時には、コース期間、最終的な英語レベル、講師からの直筆のメモが記載された修了証をお渡しします。

4. キャリアアップ

英語はビジネスの言語であり、その需要はますます高まっています。最近のほとんどの仕事は、社内外を問わず、日常業務で英語を必要とします。流暢な英語力なしにビジネス環境で成功することは、困難です。マルタで英語を学ぶためにギャップイヤーを取れば、履歴書への記入も可能です。

5. マルタは生活、仕事、勉強に最適な場所

物理的に美しく、太陽の光が降り注ぐこの国には、さまざまな歴史が刻まれた文化が息づいています。ライフスタイルは地中海的で、太陽とおいしい食べ物があれば、そこには幸せがある。人々はフレンドリーで、かつてイギリスの植民地であったため、多くの外国人コミュニティが存在し、英語が広く使われています。

学校へ行く前に泳いだり走ったり、学校と仕事の合間に買い物や料理をしたりと、何でも近くにあるので、バランスのとれた生活を送ることができます。アルバイトを探すのも比較的簡単で、特に夏場は楽に見つけられます。

6. 学生ビザの取得

ヨーロッパ人以外でシェンゲン圏に入国するためにビザが必要な場合、マルタで英語を勉強するために学生ビザを取得することができます。学生ビザの取得条件は国によって異なりますが、一般的に認められているものです。BELSの学生であれば、必要な準備や申請もお手伝いします。

7. マルタからヨーロッパの旅は簡単です

マルタは地中海の真ん中に位置するため、他のヨーロッパ諸国への移動は迅速かつ安価に行うことができます。主要な格安航空会社の直行便が定期的に運航しているので、授業を休まずに週末を利用して旅行することも可能です。また、長期留学の場合は、1週間の休暇をとって旅行することも可能です。

ギャップイヤーを計画中ですか?マルタへの英語留学のコースや料金、申し込みに関する詳しい情報はこちら。

メールでのお問い合わせ