【英語力UP】日常英会話力を向上できる5つのコツ– BELS Malta

View current offers!

日常英会話を効果的に上達させる

効果的な上達の方法

英語で日常会話をすることは、文法を学ぶよりも難しいかもしれません。いくつかのヒントとテクニックを駆使すれば、簡単に上達することができます。私たちの講師が書いた、役に立つヒントを読んでみてください。

1. フレーズをたくさん覚えよう

動詞に小さな単語(前置詞や助詞、例えばto/out/upなど)を1つ加えるだけで、その意味が全く変わってしまうことにお気づきでしょうか?文字通りの意味を持つものもあれば、全く新しいフレーズや意味を作り出すものもあります。

フレーズを覚えて、英会話をするときに意味が変化する動詞に注目し、慣れておくとよいでしょう。最初は混乱するかもしれませんが、基本を学べば論理的なものです。句動詞は口語でよく使われるので、リストアップして覚えましょう。

例えば、’up’と’stand’という単語があります。standは「すでに立っている」という意味ですが、’up’をつけると、いきなり「椅子から移動して立ち上がる」という意味になります。upは方向性(はしごなど上に登る)、完了(ミルクを使い切る-ミルクが残っていない)、充実(満腹-十分に食べた/飲んだ)、増加(音量など上げる)などがある。英会話で自然に覚えるには、スピーキングが圧倒的に有利です。

2. イディオムやフレーズでスピーキングに磨きをかける

英会話には実に奇妙なフレーズがあります。雨の日に、友人に玄関先で、 it’s raining cats and dogs outside!”と言われたら戸惑うかもしれませんね。空から動物が降ってこないか確認する前に、まずはそれが単なるイディオムでないことを確認しましょう。イディオムは英会話では非常によく使われるもので、Googleで検索すれば、最もよく使われるイディオムを知ることができます。

3. 大げさな表現

意外と多いのが、この「大げさな表現」です。形容詞や副詞に修飾語(例:extremely, very, so, really)をつけて少し強調するだけで、文章が変わり、より魅力的な英会話を作ることができます。ネイティブの英会話を聞いたことがあると思いますが、イントネーションで興味を持たせ、より良いやりとりをすることができます。私たちは、より良い英会話のために、事実を誇張する傾向があります(例えば、きれいな人は、 really prettyだと表現されます)。

4. 丁寧さ

これは主に、礼儀が正しいとされているイギリスでの英会話によく当てはまります。誤解を招きそうな場合はsorryと言い、列に並んでいる間はpleaseとthank youと言えば、すぐにイギリス人のような見た目と話し方ができるようになります。

礼儀を考えてしまうばかりに、簡単な文章を紛らわしくしてしまうことがあります。これには間接疑問文の使用、推測の言葉の使用、その他多くの文法的構造が含まれ、問題を複雑にしています。

5. 一般的な返答を使う

スモールトークの黄金律のひとつは、発言に対して必ず返事をし、自分が話を聞いていること、積極的に会話に参加していることを示すことです。これを実現する一つの方法は、一般的な返答のリストを使用することです。

以下は、一般的な返答のリストです。

that’s fantastic!, I’m so pleased for you, I’m glad to hear that, lucky you!, I’m glad to hear that, that’s so true!, have a good time, good luck, Congratulations, Oh no!, I’m always here for you, oh dear!, you’ll be fine, cheer up, I’m sorry to hear that, just do your best, no way!, are you serious? I know right!, I can’t believe it.

6. 質問タグを使う

聞き手を惹きつけるもう一つの方法は、疑問詞を使うことです。質問タグは英会話ではよくあるもので、主に2つの目的があります。1つ目は、情報が正しいかどうかを確認するためで、情報を明確にするためです。例えば、『 You said you are coming back at 8, didn’t you?(8時に帰ってくると言っていましたね)』などです。2つ目は、聞き手をあなたの話に引き込むことです。例えば、『 This restaurant is brilliant, isn’t it? (このレストランは素晴らしいですよね?)』などです。

質問タグを使用するタイミングと方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

7. 練習、練習、練習!

学ぶためには、練習が必要です。まずは鏡に向かって自分に話しかけることから始め、次に自分の声を録音し、最後に人と一緒に練習しましょう 同じように学んでいる人を探したり、外国人の友達を作ったり、語学コースに参加したり、プライベートの先生を探したりするのもいいでしょう。

日常英会話に自信がつきましたか?英会話教室についてもっと知りたい方はご連絡ください。