英語でのプレゼンテーションの準備方法 – BELS Malta

Alert Megaphone

英語でのプレゼンテーションを成功させるためのトップヒント

英語でのプレゼンテーションのコツを先生方に聞いてみました。

1.熱意を伝え、聴衆と関係を持つ

まず、英語でプレゼンテーションをしなければならない立場にある人は、英語のレベルが相当高いはず!?まずは一旦、深呼吸してください。緊張していると、なかなか良いパフォーマンスができません。母国語と同じように、軽いジョークやダジャレ、比喩を使いましょう。このようなちょっとした練習をしないと、退屈でロボットみたいだと思われてしまうかもしれません。

2 自分の専門分野のTEDトークを見る

TEDトークは、科学からビジネス、グローバル、社会問題まで、ほぼすべてのトピックを網羅しています。100以上の言語で提供されているので、まず母国語で見て、その後英語で見ることで、重要なコンセプトを英語で表現する方法を学ぶことができます。さらに、世界トップクラスのスピーカーを観察することで、ソフトスキルも身につけることができます。

3.専門用語に精通する

ビジネスのどの分野にも専門用語があり、通常、直訳はできません。 その分野で適切なコミュニケーションをとるためには、その分野の専門用語が英語でどのように言われるかを知っておく必要があります。 様々な分野のビジネス英語オンライン辞書を見つけることができます。

4.機能語を身につける

流行語とは別に、機能的なビジネス用語も学んでおくとよいでしょう。 そうすることで、プレゼンテーションをするときや、予想外のことが起こったときに備えることができます。ここでは、プレゼンテーションの英語力を高めるための一般的なトピックを紹介します。

最初の数分間に対応する

第一印象は一生モノ。挨拶、歓迎の言葉、自己紹介、同僚紹介、プレゼンの目的説明など、便利なフレーズを覚えておくと、大きな違いが生まれます。

言いたいことを整理する

プレゼンテーションの構成がうまくいかなければ、内容も意味をなしません。 何を話すのか、いつ質問に答えるのか、どのように言及するのか、明確に述べる方法を学びましょう。 聞き手を混乱させることは最も避けたいことです。これらのスピーチパートはビジネス英語の勉強の一部でなければなりません。

興味を持たせる

インタラクティブなプレゼンテーションは、最も成功に近いです。 聞き手が居眠りするようでは困ります。 聞き手に質問をしたり、聞き手が理解できているかを確認したり、自分の言いたいことを明確にするなど、聞き手の興味を引く方法を学びましょう。

問題や質問に対処する

すべてが計画通りに進むとは限りません。問題や質問への対処法を学ぶことは必須です。(例:助けを求める、別のノートパソコンを探すなど)また、質問を繰り返してもらい、理解度を確認する方法もあります。

まとめと結論

この機能的なビジネス英語をオンラインで提供しているサイトがいくつかあります。 BELSのeラーニングプラットフォームには、ビジネススキルに特化したセクションがあります。

5.スクリプトを書く、聴衆を探す

学んだことを活かして、プレゼン用の台本を書いてみましょう。言葉や流行語を使って、プレゼン用の台本を作ります。練習ができたら、人前で練習できる人(ペットでも可!)を探します。必要であれば、英語の先生やパブリックスピーキングのコーチに相談してください。

プレゼンを控えている方へ 経験豊富な講師による個人的なトレーニングセッションを受けることができます。

メールでのお問い合わせ