英語での面接の準備方法- BELS Malta

View current offers!

英語での面接を控えていますか?

私たちのヒントを参考にしてください。

面接では、自分を売り込み、志望する企業にとっての自分の価値をアピールする貴重な機会が与えられます。競争の激しい市場において、ビジネス英語に長けていることは、非常に求められるスキルです。資格やスキル、経験も採用の可能性を左右する重要な要素ですが、面接は最終的な決定要素であり、印象に残るためには語学面でも準備が重要です。

ここでは、英語での面接の準備について説明します。

1.完璧な英文履歴書を作成する

インターネット上には、履歴書のテンプレートが掲載されたビジネス英語オンラインサイトがたくさんあります。それらを使って履歴書を作成し、自分に合ったものにアレンジしましょう。習慣や文型を真似るのもいいですが、目立つように個性を出すことを心がけましょう。最近では、インフォグラフィックやポスタースタイルのCVも人気があるので、クリエイティブになりましょう。

2. カバーレターで個性をアピール

カバーレターは、履歴書に活気を与えるチャンスです。カバーレターには、学歴、職歴、志望動機を書くことは基本です。しかし、それ以上に重要なことがあります。書き方次第で、個性を発揮したり、情熱を伝えたりすることができ、確実に面接に呼ばれるようになります。

3. 本当の自分を表現する方法を学ぶ

住んでいる場所、学歴、職歴、余暇の活動よりも、あなたにはもっと多くのものがあります。あなたのユニークで素晴らしいところ、他の人に愛されるところをすべて考えてみてください。それを英語で正しく伝える方法を学びましょう。それは、あなたの資格リストと同じくらい重要なことです。

4. 業界用語を英語で知っているか確認する

低スキルの仕事であれ、トップポジションであれ、必要なビジネス用語を英語で知っていることは不可欠です。面接の前に、調査、勉強、練習をしておきましょう。どうせ仕事をうまくこなすためには、これらの用語が必要になるのですから、事前に勉強して、仕事を得るチャンスを増やした方がよいでしょう。

5. 英語での面接の質問を準備する

インターネット上では、一般的な質問から特定の業界や職務に関する詳細な質問まで、典型的な面接の質問リストを無限に見つけることができます。それを活用して、自分の言いたいことをきちんと英語で表現したオリジナルの答えを用意しましょう。それを書き留め、練習し、試すたびに改善する方法を探します。予想できない面接の質問もありますが、どの面接にも必ず登場する定番の質問もあります。

6. 面接で英語力をアピールする

履歴書にすごいことを書くのは簡単で、誰にでもできることです。面接では、ただ書くだけでなく、自分のビジネス英語のスキルをアピールする機会がたくさんあります。機能語(交渉する、意見を言う、追加情報を与える、説明を求める)を学び、面接で使う機会を見つけてください。

7. プロの英語講師による復習

履歴書やカバーレターを書いたら、言語やビジネス英語の正確さについてレビューしてもらうとよいでしょう。さらに一歩進んで、面接の練習をするために個人レッスンを受けるとよいでしょう。プライベートレッスンは、本番で良い結果を出すために必要な自信、流暢さ、正確さを身につけるのに役立ちます。

経験豊富な講師による個別面接トレーニングコースのご予約はこちら。

メールでのお問い合わせ