【知っておきたい】英語でメールを書くための完全ガイドv– BELS Malta

Alert Megaphone

英語で丁寧なEメールを書くための完全ガイド

英語でのEメール作成は、誰もが習得すべき必須のライフスキルです。今日、電子メールはビジネスコミュニケーションの最も一般的な方法です。素早く、即座に、そして簡単にアクセスすることができます。そのため、プロフェッショナルな場であるにもかかわらず、ついついカジュアルな口調になってしまうことがあります。しかし、かつての手紙の書き方のように、Eメールの書き方にも一定のルールとスタイルがあります。特に、企業イメージを表現するビジネスメールでは重要です。

英語でのフォーマルなメールを書くためのチェックリスト

ここでは、主な留意点をご紹介します。

1. 効果的な件名の書き方

件名は慎重に、かつクリエイティブに考えましょう。読み手の注意を引きつけると同時に、メールの目的を述べる必要があります。件名の選択によって、メールが読まれるかどうか、また優先順位が変わります。また、特定のメールを簡単に見つけたい場合、効果的な検索結果を得るためにも重要です。効果的な件名の例としては、以下のようなものがあります。

  • Following up on today’s meeting(会議の内容に付け足し)
  • Gentle reminder regarding payment(支払いに関する簡単な注意事)
  • Feedback needed on French report(フランス語のレポートに対するフィードバック)
  • Updating website content(ウェブサイトコンテンツの更新)

2. 適切な敬語の使い方

プロフェッショナルなメールには、関係性やメールの目的によって、さまざまなレベルのフォーマルさがあります。

  • To whom it may concern – 誰にメールを送らなければならないか分からない場合にのみ使用します。
  • Dear Sir/Madam – 担当者がいない役職に書く場合に使用します。
  • Dear Mr Martin – 名前のある男性連絡先に手紙を書くときに使います
  • Dear Ms Martin – 女性に手紙を書くときに使います。配偶者の有無に関係なく、すべての女性に使用します。
  • Dear Dr Jones – 医師や教授(大学教授)に手紙を書くときに使用します。
  • Dear Andrea White – 相手の性別がわからない場合、名前全体を入力します。

3.  一行目の書き方

一般的に、なぜメールを書いているかという理由を一行目に書いています。すでに知っている人に対しては、下の画像のような文頭から始めることが多いです。

これらのフレーズはすべて、ビジネス上の知人や同僚に使うことができます。最後の欄には、語尾の例を示しています。

4. 簡潔に伝える

普段の仕事では、数え切れないほどの量のメールを受け取ることになります。メールを短く、直接的な表現にすることで、メールを読んでもらい、消化しやすく、タイムリーに返信することができます。また、プロフェッショナルであることも必要です。

5. フォーマルな言葉の使用

人に手紙を書くとき、どの程度の形式を用いるかは、相手や相手のことをどの程度知っているか、また書く内容によって異なります。一般的に、よりフォーマルな文章は、より長く、より複雑な文章で多くの多音節の単語かつ、少ない句動詞、短縮形、略語が含まれます。

ここでは、通常の文章を専門的な文章に変えた例をいくつか紹介します。

  • It’s important > it is essential
  • Ask > enquire
  • At the moment > currently
  • Before > previously
  • Can you send me >  I wonder if it would be possible for you to forward me
  • Hope to hear > I look forward to hearing from you soon.
  • It’d be great > I would be most grateful if you could…
  • On top of that >  furthermore
  • We are sorry > we regret to inform you
  • If you need help > should you require any assistance…
  • If you cannot meet the deadline > in the event of any delay

5.  目的が明確であること

メール全体を通して、シンプルな言葉を言葉を使い、うまく説明することが重要です。メールを書き終えたら、再読し、余分な情報を削除することから始めましょう。読み手がそのメールを読んで何をすべきなのかが明確になるようにしましょう。

6. プロフェッショナルなメールの締めくくり

メールの終わり方は、誰に宛てて書くかによって異なります。フォーマルなメールに多い語尾もあれば、ニュートラルなメールに多い語尾もあります。同僚に書く場合、かなり親しい間柄であれば、中立的な語尾を使うことができます。ビジネス上の知人、サービスプロバイダーや団体など、親密な間柄の相手にも同じことが言えます。

例:

  • I look forward to hearing from you soon.(近日中にご連絡をお待ちしております。)
  • I look forward to your reply.(お返事お待ちしております。)
  • I look forward to receiving your feedback.(ご感想/意見をお待ちしております。)
  • Thank you for your time and consideration.(お時間をいただき、ありがとうございました。)
  • Thank you in advance, looking forward to your feedback.(フィードバックお願いします。お礼を先にいいます、ありがとうございます。)
  • I would appreciate a quick response.( 迅速な対応をお願いします。)

英語でのメールライティングスキルを向上させたいですか?経験豊富な講師による個人的なトレーニングセッションを受講することもできます。

メールでのお問い合わせ